AREA

創作とおえかきと手芸、たまにプログラミング。

ボカロ曲用手書きアニメーションPVを作る①

友人の制作したボカロ曲のPVを作ることになったので、
流れをざっくりまとめながら作っていこうと思います。

f:id:hkarea:20171110014050p:plain


☆今回使うもの☆

  • Aviutl

今回使う中で唯一無料のソフト。Windows用です。
ボカロ用の動画制作では定番(たぶん)。

通称クリスタと呼ばれているお絵かきソフトです。
EXではアニメーションも作ることができます。

  • Final Cut Pro

Mac用有料動画制作ソフト。
有料だけあってUIやら書き出し時間やらクロマキーの精度やらが良いので、
手抜きするために積極的に使っていこうと思います。

  • 画力

無料で使えます!!


私はWindowsのBootされたMacを使っているのでこんなことになっていますが、
ここまで用意しなくても動画は作れます。
では作っていきます。



1. 全体の構成を考える

ここは曲を作った友人と、イメージをすり合わせながら相談して色々決めました。
お互いのイメージに似た作品を持ち寄ると話が進みやすいです。
以下は決めたことの例:

  • 絵柄(アニメ風・イラスト風)
  • 登場キャラごとの雰囲気やテーマカラー
  • フォントの雰囲気


また、曲の構成と場面を考えて用意すべき画像素材などを決めます。
全部書くと長いので途中まで表にしました。

場面 要るもの 使用ソフト
前奏 手描きアニメーション クリスタ
間奏1 歩くアニメーション、背景、雨、タイトル クリスタ、Aviutl
1番:Aメロ 歩くアニメーション、背景、雨 クリスタ、Aviutl


2. 歌詞を入れる

フォントは温かみのある映像にするために
漢字も使える手書き風フォントをお借りしました。
(ちなみに残念ながら弱ペダは知りません…)
booth.pm

また、暫定でファイナルカットのタイムライン上に適当な動きをつけて歌詞を置いておきます。

ここで、お借りしたフォントだと4つぐらい漢字が足りないことが判明したため
フォント作成ソフトをDLしたりして寄り道し始めます。
(フォント作成奮闘記は別でまとめるかもしれません…)
f:id:hkarea:20171110013706p:plain
※追記:フォントが足りない部分は、フレーズのまとまり毎に足りない文字も書いた画像を作って貼り付け、ごまかすことにしました。
手書き風フォント作るの難しいですね

また、完成のイメージをつかむために、
拾ってきた適当な素材を仮でおいて雰囲気を確かめます。
後で差し替えるので作業画像は割愛。


3. 前奏のアニメーションを作る

次に絵を描いていきます。
今回、主人公と「君」のイメージカラーは青とオレンジなので、
どちらにも使えて雰囲気の合いそうなフリー素材を探してお借りします。
www.pixiv.net

クリスタで手書きアニメーションを1フレーズ分作ります。


これをファイナルカットに持ってきて速さを調整したりします。
f:id:hkarea:20171110013911p:plain

うーん先が長い。


とりあえず今回はここまでです。
読んでくれてありがとうございました。
次回は背景と歩くアニメーションを作ります。