AREA

創作ログ

【GitHub Pages】GitHubでHTMLファイルをウェブサイトとして公開する【訂正版】

GitHub Pagesで創作アイドルありえるちゃんのサイトを作ったので、
手順をシェアしておきます。
f:id:hkarea:20180508214731j:plain

出来上がったサイトがこちら。
nekoarea.github.io

GitHub Pagesとは?

GitHubのレポジトリ内容をサイトとして公開できるサービスです。
GitHubアカウントがあればサーバーを立てずに軽めのサイトが作れます。

ちなみに、Javascriptが動くのでJqueryも入れられました。

GitHub Pagesを使ったウェブサイトの公開方法

レポジトリを作成してcloneする

GitHub上でレポジトリを作成してcloneします。
f:id:hkarea:20180508215750p:plain

$ git clone git@github.com:nekoArea/site.git

HTMLファイルなどを追加する

cloneしたレポジトリに公開したいファイルを追加し、
add, commit,pushします。

$ git add *
$ git commit -m 'message'
$ git push

vimが開くとめんどくさいのでコミットメッセージを同時に記述しています。

branchを選んで公開する

GitHubで先ほどのレポジトリのSettingsを開きます。
f:id:hkarea:20180508221447p:plain
下の方にGitHub Pagesという項目があるので、公開したいブランチを選択してsaveします。
今回はmasterブランチしか作っていないのでそれを公開します。
f:id:hkarea:20180508221757p:plain
しばらくしたら表示されたアドレスに内容が反映されてます。

参考記事

qiita.com
www.tam-tam.co.jp

余談ですが、最近AfterEffectsをいじり始めたので、次はその記事になるかと思います。